お知らせ, 未分類

新メニューと相談料金について

2019年に今の相談料金に改定しました。改定というより従来のライフプラン相談に、ライフプランソフトを付けてお渡しします。という内容への変更でしたが、料金的に高額に見えることもあり、以前の内容に戻すという形をとりました。

相談回数無制限、で半年ほどご相談利用いただき、ライフプランソフトもお渡ししているので実質、とてもお得な内容になってはいるのですが、HPでパッと見た金額のイメージ的には高額になってしまいますよね。

もちろんそのまま、このプランも継続はしますが、従前のものも掲載することにしました。

そして、新しい相談料金の体系として、10分1,000円の1時間6,000円のメニューを追加しました。今までのテーマごとの各種ご相談もこちらでの対応とすることにしました。

2時間の時間が不要な簡単なご相談の対応も出てきたことや、わかりやすい料金設定、ということをふまえての今回のご案内となります。

また、最近感じることとして、相談よりも学びを通じてお伝えしたいこともあると感じることが増えてきました。そこで、学びのコース という取り組みもはじめてみようと思います。

12ヶ月を通して学ぶ、という基本に継続して学ぶ時間をもってもらうということも大事かと思ったり、そうすることで家計に対する意識が変化していくのではと思うのです、

相談にきている間は、お金のこと考えているけど 離れるとつい忘れてしまうというお声をいただいたことがきっかけです。

いろんな新しい取り組みがありますが引き続きよろしくお願い申し上げます。

新しい料金体系のページです
https://fp-iroha.jp/entry18.html

テレビドラマの世界展、スカーレットの世界に足を運びました。信楽の良さを再認識です。

お知らせ, ライフプラン, 仕事への思い, 日々のこと, 未分類

ライフプラン相談会、無事終了しました

ご依頼いただいてました、東近江社協さんでのライフプラン相談会、無事終了しました。ひとり親の方のご相談は、やはりこれからお子様が成人するまで教育費を中心として希望する進路を選択することが可能かどうか、の見極めをしたいというものが中心となりますね。

ライフプラン相談を通じて感じることは、どのような前提条件とするか、や、日々の家計管理の小さな差が将来の大きな変化につながるということです。

言い換えれば、ささいな変化で 安全にも危険にもつながるということです。

机上の空論にもなりかねないのがキャッシュフロー表ではありますが、それでもその大切さが大きいということも実感しています。

要は使い方、と認識のしかたが重要なわけです。

予定通りには人生は進まないもの、それでもその設計図をもつことは重要なのです。

カーナビや地図、何もないよりはあったほうがたとえ間違ったとしても役にたつ、そんな位置付けに似ているのかなと思うところです。

お知らせ, 未分類

ライフプラン相談会のお知らせ

来月10月11日(日)13:30〜
東近江市社会福祉協議会 母子父子福祉センターにて
「ライフプラン・マネープラン相談会」を開催、相談員として対応させていただきます。

お一人様30分と短い時間ではありますが、相談をするということで
生活設計から家計管理と暮らしが豊かになるきっかけにしていただけたら幸いです。

社会福祉協議会のHP ↓
http://higashiomi-shakyo.or.jp/news/768.html

個人で、相談を申し込むということは、ある意味ハードルが高いことなのかもしれません。こんなこと相談できない、という気持ちが後ろへひっぱることもあります。

それでも、今のお金の不安をなんとかしたい、そんな気持ちを大切に受け止めて一緒に将来を考えていけたらと思うのがファイナンシャルプランナーであると思っています。

最近、webサイトの手入れをして、思いや信念などを書くことがあるので、余計にそんなこと思います。保険を見直して新しく勧める人、なんてイメージが強くなると少々悲しい気持ちになります。とはいえ、保険を扱うFPでもありますので、そんな一面が完全にないとは言えませんが・・・ただ、必要以上な保険をお勧めはしていないですし、保険の良さを伝えているつもりではあります。

今回の相談会は、ひとり親世帯、寡婦の方限定で行われます。
ご縁が繋がります方、どうぞよろしくお願いします。

仕事への思い, 未分類

有料相談の価値と必要性

開業10年を迎えました、そして11年目のスタートとなりました。先日、メルマガでもご挨拶した通りですが、今一度初心に返り、気持ち新たにスタートしています。

HPの手入れも、チマチマしています。相談メニューを若干見直して構築中です。今後は講座形式のものも追加していこうと準備中です。

そして、本日は新規のお客様、保険のセカンドオピニオンとしてお越しくださいました。現在提案中のもので、いいのか、ご自身の考えで間違いないのか、ということのご相談でした。社会保障について、お勤めの企業保障について大変よく知識をつけられていて、ご自身にとっての民間の保険の位置付けや必要性がご相談を通じて明確になったのではないでしょうか。

当オフィスでもご加入の手続きは出来るのですが、今回はセカンドオピニオンということで、ご相談のみの対応となりました。

そして、おっしゃったことが、「有料相談でないと、信用できない」ということでした。無料の場合は、自分のところで加入してもらうように相談の内容が変わってしまう気がする、ということでした。

そして、「その相談先が何をもって利益を得て、成り立っているのかと考える」ということもおっしゃってくださり、「まさにその通りなんですよ」と言わせていただきました。

ご相談料をいただくことで、商品誘導にならない相談にすること、相談者さまである顧客の利益優先で提案できること、それが私の一番大切にしていることです。

初心に返る気持ちでいるタイミングで、このようなご相談をいただくことに不思議なご縁を感じました。

これからも、この精神を大切に、小さな相談事務所ですが継続していきたいと思うのでありました。

現在のオフィスの様子です、面談時のアクリルボードを設置しました。
対面でも安心してお話いただけます。