保険

ガン保険について

最近、ガン保険に関する お問い合わせを続けていただいております。
ガンに対する意識の変化も この数年で大きく変わったと感じます。
そして、それと同じように治療方法や検査方法や検査に対する意識なども大きく変化しているように感じます。

ガン保険に対する意識が高まっているということにつながるのですが、医療の変化にあわせてガン保険の備えも変わっていくということも片隅に入れておくといいのでは、と思います。

ひと昔前は、ガンと診断されたら大きなお金が必要になるということから、一時金が多く出るものが中心でした。そこから、今は複数回の給付タイプから治療方法に対して給付されるタイプ等様々なものがあります。

多くの種類の保険が生まれるということは、選択肢が増えていいことでもあるのですが、それだけわかりにくくなっているということにもつながっています。

自分の加入しているガン保険が、まずはどんな場合に給付金を受け取れるのか、ということを確認しておくことも大切です。

ポイントとしては
はじめてガンと診断されたとき
・ガンと診断されたら給付
・ガンで入院した時に給付
・指定の治療を受けた時給付

2回目以降の給付について
・はじめのガンの状態にかかわらず2年経過時に、治療をしている場合
・はじめてのガンの状態にかかわらず2年経過後に、入院をしている場合
・はじめてのガンが完治・寛解していることを条件としている場合
など、保険会社によって様々です。

今の保険で役に立つのか、どうかは大きなポイントですが、今の時代の早期発見の場合は、数日間入院で、手術のみでその後はお薬もなく経過観察のみという場合もあります。そんな場合に、がん保険の必要性があるのかという冷静な判断も必要なのではと思います。

ガンと言われたらガン保険!という意識ではなく、ガンと言われたらどんな治療で、その治療にどれくらいの医療費がかかるのか、そしてそれは自分で担保できるものなのか、できないものなのか、というところまで考えてはじめてがん保険の必要性につながるのだと思っています。

そもそも、保険とは自分で用意できないお金を準備するために備えるもの、であることが基本です。そこに応用として資産形成力を兼ね備えている商品が存在するのです。

ガンの治療の、実情と、あとはガンと診断される人がどのステージで診断されるのかという情報も集めてみようかなと思いました。