ライフプラン, 保険

保険の入りすぎチェック、そのポイントは・・・

ブログ投稿が久しぶりになりました。
いろんなご相談がある中で、やはり保険料の負担が家計の中で大きいという声は相変わらずあります。

以前は、保険商品自体の保険料が高い会社のものへの加入であったり、
セット型商品であるがために保険料を下げることができない仕組みの保険に入られていたりしたことが多かったのですが、
最近では、私がおススメさせていただくような内容の保険に入られているにも関わらず、家計の中で保険料負担が大きいということもよくあります。

どういうことかと言いますと、保険自体はよい商品なのです。
いわゆる貯蓄性のある保険で払込終了までしっかり掛け続けることで、払った保険料よりも大きな解約金を手に入れることができる商品です。
私も、このような商品はおススメしていますが・・・
基本は「無理のない保険料で」ということを大切にしています。

もちろん、目標金額を決めて、そこに到達するために必要な積み立て保険料を割り出し、ためていく方法もありますし、必要なことでもあります。

ただ、やみくもに貯金代わりにとはじめると、
結局続けることができなくなってしまったり
家計を圧迫したりするのです。

保険は、貯蓄機能をもった金融商品ですが 
それは引き出せない貯蓄だと思って欲しいのです。
貯蓄には、引き出すことが可能であるという条件も大切になってきます。

短期貯蓄、中期貯蓄、長期貯蓄、といってそれぞれに意味のある貯蓄があります。短期、中期の貯蓄はいつでも出すことが出来ないと意味がありませんし、逆に長期貯蓄は出せないことが大事になってきます。

長期貯蓄は、老後資金と言い換えられます。
短期・中期となると住宅資金や教育資金から
日頃のレジャー資金に車の維持費用など様々なものがあります。
この短期貯蓄に相応する、引き出せる貯蓄を持たないで
全て保険で貯蓄をしてしまうと出せないお金ばかりになってしまうのです。

そこで、家計の中でどれくらい貯蓄が出来ているのかということを見ていかないといけないですね、その上でどんな金融商品をつかって我が家の資産形成をしていくのか、が大事になります。

保険で資産価値が生まれるのは10年以上かける必要があります。
その間動かす必要がないお金や、その間払い続けることが可能な保険料での積み立てを大切にしたいものです。

ただ、教育費の積み立てだけは ちょっと頑張って目標額を決めて積みてて欲しいと思うのは、人生の先輩としての思いです。

毎月1万円、での学資保険だけだった人が結局18歳時点で大学進学時には全く足りないという現実がありました。逆に毎月1万円だったけど、他の積み立ても利用しながら大学資金を準備できたというパターンもあります。

それは、やはりライフプランになるわけです、
いつまでにどれくらい必要なのか、ということと、
それまでにどれだけ準備できて、どれだけ足りないのか、
そして足りないお金をどう工面して準備するのか、ということに尽きるのです。

と、長々となりましたし、話題も変わってしまいそうです。
語り出すといろんな側面から伝えたいことが出てきます。
たかが保険、されど保険ですね。

だからこそ、相談の大切さを痛感します。
有料相談はハードルが高いかもしれません、
それでもご相談にお越し下さる方には 
きっと満足いただけることをお伝えできると思っております。


3月の上旬に「鈴鹿の森庭園」の梅がキレイだと聞き訪れました。
ちょうど満開でお天気も良く、はじめて見る枝垂れ梅の姿は圧巻でした。

ライフプラン

本日は住宅ローン相談でした

本日のご相談は、住宅ローン相談。住宅取得するにあたって本当にこのローンを抱えていいのだろうか?というところからのご相談でした。

表面的には、家賃と変わらないからという謳い文句もありますが、現実はそうではないとご相談を通じて感じていただけることが多い相談です。

家を建てて欲しい人、家を売りたい人にとっては 借りてもらえる範囲でよりよいものを提供したいという気持ちになるものでしょう。借りられる最大金額を基本に話していくときに、家を建てる人の生活費や今後やりたいことなどの予算が含まれていないことのほうが多いものです。

そこをより具体的に、つめて見ていくことの大切さが住宅ローン相談にはあるのです。

ご相談時に見ていただくキャッシュフロー表ですが、今まではPC画面を一緒に見ながらお話していましたが 今年よりモニター導入しました。以前からそうしようと思いながら なかなか行動に移せてなかったのですが、今回モニターをつかってみて「もっと早くにすればよかった」と大反省でした。(苦笑)

ライフプランは絵に描いた餅とも言われることがありますが、それでも 描くことの大切さには変わりないと思っています。

まずは、どんな暮らしをしたいのか、今の経済状況をそのためにどう工夫すればいいのか、というポイントが見えてくるのがライフプランなのです。

今回は20代のお若いご夫婦でした。若い方が相談に来ていただけるということに心強さを感じました。20代相談キャンペーンみたいにして相談料を割引サービスなんか考えてもいいのかな、なんて思いました。 (またそれは現実化した場合はご案内しますね)