保険

ガン保険について

最近、ガン保険に関する お問い合わせを続けていただいております。
ガンに対する意識の変化も この数年で大きく変わったと感じます。
そして、それと同じように治療方法や検査方法や検査に対する意識なども大きく変化しているように感じます。

ガン保険に対する意識が高まっているということにつながるのですが、医療の変化にあわせてガン保険の備えも変わっていくということも片隅に入れておくといいのでは、と思います。

ひと昔前は、ガンと診断されたら大きなお金が必要になるということから、一時金が多く出るものが中心でした。そこから、今は複数回の給付タイプから治療方法に対して給付されるタイプ等様々なものがあります。

多くの種類の保険が生まれるということは、選択肢が増えていいことでもあるのですが、それだけわかりにくくなっているということにもつながっています。

自分の加入しているガン保険が、まずはどんな場合に給付金を受け取れるのか、ということを確認しておくことも大切です。

ポイントとしては
はじめてガンと診断されたとき
・ガンと診断されたら給付
・ガンで入院した時に給付
・指定の治療を受けた時給付

2回目以降の給付について
・はじめのガンの状態にかかわらず2年経過時に、治療をしている場合
・はじめてのガンの状態にかかわらず2年経過後に、入院をしている場合
・はじめてのガンが完治・寛解していることを条件としている場合
など、保険会社によって様々です。

今の保険で役に立つのか、どうかは大きなポイントですが、今の時代の早期発見の場合は、数日間入院で、手術のみでその後はお薬もなく経過観察のみという場合もあります。そんな場合に、がん保険の必要性があるのかという冷静な判断も必要なのではと思います。

ガンと言われたらガン保険!という意識ではなく、ガンと言われたらどんな治療で、その治療にどれくらいの医療費がかかるのか、そしてそれは自分で担保できるものなのか、できないものなのか、というところまで考えてはじめてがん保険の必要性につながるのだと思っています。

そもそも、保険とは自分で用意できないお金を準備するために備えるもの、であることが基本です。そこに応用として資産形成力を兼ね備えている商品が存在するのです。

ガンの治療の、実情と、あとはガンと診断される人がどのステージで診断されるのかという情報も集めてみようかなと思いました。




日々のこと

WEBサイトの修正&新料金サービスのご案内

ブログでもお伝えしていましたが、HPの修正作業をしてまして、トップページの修正と料金体系の見直しを追加しました。

新しい料金体系は新規のお客様の初回相談料を半額にて対応させていただくというものです。 以前は、お試し相談等のメニューも作っておりましたが、しばらくそれも取りやめていました。今回は、WEBサイトの修正記念、ということでの追加です。

また、既存のお客様に対しては、2時間15,000円の相談料を、2時間10,000円という形でのサービスとさせていただきます。

また、ブログへのリンクも添えて作り直しました。
・・・が!!
スマホ表示が、どうも上手く機能していないようです。
スマホから、いろんな情報を集める方がほとんどになっている現代ですから、これは早急に対処しないと・・というところです。

なんだか、お役立ち情報よりも 日々の作業日記ばかりになっています。

修正中のwebサイトです
http://www.fp-iroha.jp/

中のご挨拶なども、開業当初のものですので、今の心情にあわせた言葉で、また伝えたいことも少しずつ変化している部分もあります。まだまだ修正作業は続きそうです。

日々のこと

仕事始めと七草がゆ

今日から仕事始めという方も多かったことでしょう。
そういう私も今日から始動させていただきます。

今日は七草ですね、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」この七草を子供の頃に言わされていたおかげで、今も覚えています。大人になってからは覚えにくいことも、子供の頃にインプットされた記憶というのものの大きさを改めて感じます。

だから早期教育が叫ばれるのか???それには、どちらとも言えない派ではありますが・・

そして、仕事始めは静かにスタートです。

FPオフィスをやりながら、カウンセリング業務もやっていた部分を統合する形で、「こころサポートいろは」としてメンタルサポート業務をやっていくこと、これが今年の新しい業務展開の部分となります。

個人カウンセリング、コミュニケーション講座、等開催する準備をしています。

こころサポートいろは